FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長による米下院金融委員会での半期議会証言2015年7月15日

071515ドル円 
nikkei heikin 071515

こんばんは。

ドル円は123円50銭超でプライスで現在推移しています。
先ずは通貨ペアの売買シグナルです。

ドル円買いシグナル 124.3円、125.8円 目標値
日経平均 買いシグナル点灯20860円
ダウ平均 買いシグナル点灯 18140ドル
となっています。

SBI証券から
今日も米7月NY連銀製造業景況指数や同6月生産者物価指数など複数の米経済指標の発表が予定されているが、市場の注目はイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長による米下院金融委員会での半期議会証言に集中している。昨日の米6月小売売上高は、5月の上振れの反動もあったが予想以上に鈍化した。個人消費の最近の動向などからは先行きの強さは見通せるものの、米当局が年初の落ち込みからのリバウンド以上に、米経済が強さを増しているか完全に判断できない状態でもある。

 7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)は声明文のみの発表となるほか、毎年恒例のジャクソンホール・シンポジウムへのイエレン議長の参加も今年は見送られるため、仮に9月に利上げを実施するなら今日の議会証言で何かしらのヒントが提供されるかもしれない。中国やギリシャなどの海外リスクがやや後退したため、米利上げのハードルが下がったとの見方はある。ただしこれまでの議長のスタンスをかんがみるに、市場の思惑を一気に集約させるような発言は控えられるのではないか。先日の講演同様に年内の正常化開始を正当化しつつ、不完全な労働市場の改善などに言及し、利上げ開始時期に不透明感を残したままになるか。過度な期待は禁物だろう。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは引き続き2日高値123.75円や6月高値からの下げ幅の61.8%戻しに123.78円前後。こなせば節目の124円をうかがう展開。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは前日安値122.92円や122.87円付近の5日移動平均線。

『シャッターストック』動画・画像 素材ダウンロード

電子ギフト券の売買ならGiftissue


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

為替・FX ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みずまる

Author:みずまる
強い者、賢い者が生き残るのではない。変化できる者が生き残るのだ。

ダーウィン進化論より

最新記事
フリーエリア
アクセスカウンター
アクセスカウンター
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。