FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均 大幅高 ドル円堅調 2015年11月17日

昨日のダウ平均の大幅上昇をうけて本日の日経平均は大幅上昇しました。ドル円は昨日の引け値で123円台を維持して
週初のリスク回避の動きもなんのそのといった状況です。ドル円は今日の終値で123.2円超ですと買いシグナル点灯
目標値は124.6~125.3円となります。

日経平均は明日の引け値が17000円超ですと目標値が20300~20340円となります。

本日の日経電子版に興味深い記事がありました。

冬に円安が進みやすいというものです。

まず経験則としてプラザ合意があった1985年以降、円は対米ドルで12月に8回、1月に6回、その年の安値を付けた。2月にも1回付けており、過去30年のうち半分は冬に年間安値を付けています。

また、11月26日. Thanksgiving Day 感謝祭からクリスマスへアメリカの個人消費は年間の2割にも達し
旺盛な消費と堅調な雇用により米国への先行きの期待からドル買いが進むというものです。

12月15~16日に開催予定のFOMCでは利上げが期待されており追加金融緩和の思惑がくすぶる日銀とは対照的なため
ドル高がさらに加速する条件はそろっています。

また、6日の10月米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想を上回る前月比27万1000人の増加を記録したのは、「年末商戦を見越した販売員などの雇用が寄与した」との声があります。

クリスマス休暇にはいるにつれ市場参加者が減り、相場が一方向に進みやすくなる傾向があり、いったん円安に振れると歯止めがかかりにくいこともあげられています。

ドルの対円での買い越しも3か月ぶりとなる高水準となり、ファンド勢もドル高円安を見越している風潮があります。

「今後、テロの脅威が広がって世界景気の鈍化やリスク回避につながらない限り、円安・ドル高シナリオは崩れない」(野村証券チーフ為替ストラテジストの池田雄之輔氏)との見方は多い。「6月に付けた13年ぶり安値の125円86銭を更新する下地は整っている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフ為替ストラテジストの植野大作氏)との声も出てきています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みずまる

Author:みずまる
強い者、賢い者が生き残るのではない。変化できる者が生き残るのだ。

ダーウィン進化論より

最新記事
フリーエリア
アクセスカウンター
アクセスカウンター
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。