FC2ブログ

ドル円は軟調だが 踏みとどまるか 2015年11月25日

本日日経平均およびドル円はトルコによるロシア軍機墜落による
地政学的リスクをうけ軟調、日経平均を構成する大型株三菱UFJやトヨタ株の下げが目立ちました。
ドル円は昨日の引け値が122.6円未満で売りシグナル点灯 目標値は121.3円となります。18日から水星の逆行に入っており
ちょうどアストロ的にも変化と重なります。日経平均は前日比マイナス77円で小さい枠ではいったん買いシグナルが消滅
ファーストトライの2万円超えはなりませんでしたが、2回、3回とトライすると思うので、はや下落かと考えるのも次期尚早かもしれません。
ドル円もまだ一方向にいくチャートには見えませんので、これからはドルに有利なイベントが複数あることから本日の122.2円 21日移動平均線で踏みとどまり1σ(122.9円)および2σ(124円)を目指す可能性もあります。

昨日発表されたカンファレンスボードが発表した米消費者信頼間指数は2か月連続のマイナスで約2年ぶりです。
この数字にはパリ同時多発テロの影響が反映されておらず
今週末から本格化する年末商戦にどうなるか気になるところです。

下は本日の日経平均から改変して引用しました。

2015年東証一部上場、時価総額3000億円以上 
        配当利回り 予想PER 11月24日引け値時点
1あおぞら銀行 4.22%   11.8倍
2三井物産   4.13   11.5
3キャノン   4.02   18.1
4住友商事   3.71   7.3 
5昭和シェル  3.41 赤字のため算出できず
6日産自動車  3.25   10.1
7JX      3.21 27.5     
8伊藤忠商事  3.21 7.4
9エプソン   3.20 11.1
10日立建機  3.16 31.0
11大東建託  3.10 15.8
12 SANKYO  3.09 39.3
13 東燃ゼネラル 3.06 225.8
14 三井住友FG 3.06 8.8
15 セガサミー 2.99 16.4
16 住友ゴム  2.98 7.5
17 ベネッセHD 2.95 80.6
18 丸紅    2.95   6.8
19 NTTドコモ 2.94  18.8
20 みずほFG 2.90   10.2
純利益のうち配当に回す比率を連結配当性向上場企業の平均は30%前後だが、あおぞら銀行は50%をめざしている
日産は配当性向 最低
30%としている。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みずまる

Author:みずまる
強い者、賢い者が生き残るのではない。変化できる者が生き残るのだ。

ダーウィン進化論より

最新記事
フリーエリア
アクセスカウンター
アクセスカウンター
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク