FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国利上げ後 初めての雇用統計 2016年1月8日

日経平均は年明け後5日連続 続落 21年ぶりの出来事そうです。しかしながら ローソク足だけをみると陽線引けで終わっています。ドル円も東京市場では118円58銭まで上昇しましたが現在は118円30銭台前後で推移しています。
本日の雇用統計ですが市場予想は20万人となっています。前回は21.1万人でした。直近の
関連ある指標では
ADP雇用者数が予想20万人を大きく上回っており25.5万人
ISMは
ISM製造業の雇用部門が48.1と11月の51.3からかなり悪化し
節目の50を割り込んでいますが
非製造業の雇用部門は55.7と11月の55.0から改善となっています。逆に15万人台などネガテイブサプライズになればリスク回避の動きに敏感な市況と3月の利上げに関してはないどころか0%金利に戻すなどという論調も出てきますのでドル円 日経にとっては逆風となるでしょう。

今の動きは昨年のチャイナショックが参考になるという記事を某ブログでみましたのでチャートを載せています。
ドル円の戻りはよくて119円台前半から後半で120円台は難しそうです。日経も18500円か手前までで戻り売りにさらされそうですが
どうでしょう。さらに下落するというシナリオもありますが。
1
2

日経新聞 夕刊 外為どっとコム総合研究所調査部長 神田卓也氏
ドル円は今後1か月は116.5円~123円 予想 足元では中国発の回避ムードがあるが長続きしないだろう。昨年もロシアやギリシャへの不安とスイス・フランショックで波乱の幕開けだったがその後は円安・ドル高に戻った・今年も同様の動きとなるはずだ。
市場のムードを変えるには米国経済の力強さを確認できることが重要で本日 発表される12月の雇用統計や小売り統計で良好さが確認されれば円売り・ドル買いがはじまり120円台を回復するだろう。また、今月28~29日に発表される日銀の金融政策決定会合も注目だ。円高・株安が続けば追加緩和に動く可能性もある。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みずまる

Author:みずまる
強い者、賢い者が生き残るのではない。変化できる者が生き残るのだ。

ダーウィン進化論より

最新記事
フリーエリア
アクセスカウンター
アクセスカウンター
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。